結納って、今のプランナーさん、ご存じないだろうな~

2015-01-27

みなさん、こんにちは。

今日の午後、ある講演を聞いて非常に感銘を受けました。

自分の強み、弱みって、なかなかわかりませんね。

(ちなみに、今日の講演ではそんなお話を聞きましたよ)

 

で、そんな流れで、今日の表題です。

これって、私の強みなんでしょうか、と自分で思っている端的なことです。

 

ブライダルのお仕事について20年ほどたちます。(なが~)

この間に、劇的にブライダルのあり方が変化しました。

仲人・媒酌人がほとんどなくなった、親御さんは式場選びにはほとんど登場してこなくなった、衣裳の価格破壊が起こった、ウェディング自体の価格破壊が起こった、などなどです。

 

プランナーさんの仕事内容も変化してきました。象徴的な出来事として。、表題の「結納」です。

私がこの業界に入ったころは、上司に連れられ、結納のやり方の説明によくご自宅までご訪問させていただき、仲人さんや新郎家のご両親さん、新郎さんを前に説明したものです。

上司と一緒の時はラクできるのですが、一人で行くとそれはもう緊張です。だって、当時、私はまだ20代です。仲人さんや、ご両親様相手に「儀式」の説明をするのです!!

もちろん、結納以外の質問もバンバン飛んできます!今思い返すと、よくできたな、と思います。

 

今、結納はほとんど簡略化され、省かれたりしていますが、わずかですが行われてもいます。私は、結婚のケジメ、婚約の証に、形の大小はあっても、行うべきだと思っています。

そんな時、ウェディングプランナーというのは、ご相談にのることが本来のあるべき姿と思います。

 

今のプランナーさんは、「披露宴はこんな入場の仕方しましょうか」「テーマは海にしますか」・・・

確かにその助けもしてあげる必要はありますが、『儀式人』としての知識・自覚をもっと持たれた方がいいかな、と思います。

 

今日は、私の「ウェディングプランナー論」の一部を綴りました。

では、おやすみなさいませ(*^。^*)

岐阜和婚,関市和婚,岐阜市神社結婚式,関市神社結婚式,各務原市神社結婚式,各務原市神前結婚式,美濃加茂市神社結婚式,美濃加茂市神前結婚式,岐阜市神前結婚式,可児市神社結婚式,可児市和婚,美濃加茂市和婚,美濃市神前結婚式,美濃市神社結婚式,美濃市和婚

 

 

 

 

 

 

 

 

岐阜和婚,岐阜神前結婚式,岐阜神社結婚式,関市神社結婚式,関市和婚,各務原市和婚はクロスリンクへ!

Copyright© 2010 岐阜犬山神社結婚式 All Rights Reserved.